キャッシングの返済で、延滞してしまうと、結果どうなるかご存知でしょうか。 顧客はキャッシング会社に損害賠償金を支払う事になります。 申し込みの際、利用者は銀行・消費者金融と契約を交わしたはずです。 延滞により返済日に支払いを行わないと契約違反となり、ペナルティとして損害賠償金を支払うのです。 キャッシングの延滞程度で大袈裟ではとお考えの方も多いのではないでしょうか。 確かに、キャッシングの返済が少し遅れた程度とも言えます。 しかし、延滞によって支払う事になる遅延損害金の利率は平均20%です。 遅延損害金は、返済しない限り、20%の利率が毎日積み上がる事になります。 キャッシングの金利は、一般的に多くても18%前後です。 遅延損害金の利率は、この金利の上限利率である18%を大きく超えたパーセンテージです。 遅延損害金の利率は普通に高い利率であり、キャッシング利用者は延滞をするだけ大損するのです。 1日程度の延滞ならと言っても20%で済みます。 しかし、それが1週間、2週間前続いたら、利用者にとって大きな負担になります。 キャッシングでは延滞が続けば続くほど、完済日が遠くなると覚えておくべきです。 利率20%のペナルティはあまりにも厳しいと感じられますが、法律で規制される事は現状ありません。 返済が遅れる度にペナルティが課せられると頭に入れておきましょう。 借りたら期日にしっかり返済を心がけて効率的にサービスを利用してください。